ビジネスマン

情報を守る

ボールペンと紙

情報化が進み一つの個人場が流失した結果社会問題にまで発展しかねないようになった現在において、機密書類の処理をどう行うかという事はかなり重要な問題になってきています。 過去においてはそれぞれの会社で焼却炉を所有して外部に出さずそこで燃やすという取り組みも行われていましたが、昨今では環境規制によりそう言った事が出来なくなり、機密書類の処分を専門とする業者に委託するのが一般的になっています。 これは今後も続くと思われますが、この処分方法がどうしても手間とお金がかかり、中小企業レベルであれば段ボール程度で十分でも大企業ともなれば大量の書類が出るという事で、最近では紙とインクに工夫を施し、使わなくなったら裁断しインクに浸すことで読み取れなくして一般のごみとして出すと言ったシステムも生まれてきています。

機密書類の処分の際に注意すべきこととして、費用対効果をしっかりと考える事と処分の方法が本当に適正かどうかを常に確かめる事です。 機密書類の処分を請け負う業者というのは沢山あるのですがどうしても一般的な処分より割高になる傾向があり流失しても問題が無いような情報まで依頼しているとかなりの経費が掛かります。 なのでそれを機密書類として処分するか、一般的な情報として裁断処分程度で済ますかという事は常に考えながら行い場合によってはそう言った情報を扱わないようにするというのも考え行っていく必要があります。 これは二つ目は処分の方法が適正かどうかにもつながる事で、シュレッダーでの裁断処理程度ではその気になれば復元の可能であり、重要な情報はケチらずにしっかりした方法で処理しなければならないという事でもあります。

書類を持つ手

対策の方法

現在パソコンなどの脆弱性対策として利用できる方法は、アップデートやパッチを当てる事が有効とされています。こうした方法を使用することにより、特定のプログラムを組みシステムの強化が図れるのです。

パソコンとスマートフォン

国際規格

世界各地での取引が行われている中で、ISO規格やISO9001システムの導入も多くなってきています。どの業種にも適応できるものであるとして、ISO9001が注目を集めていますので、その内容について紹介していきます。

鉛筆と紙

依頼が出来る

数多くある書類は、処分に困ってしまうものです。特に会社の場合はその傾向が強いでしょう。機密文書の処理は、集荷を依頼して処分を依頼していきましょう。またそれに関する備えた保険に入ると尚安心です。

オススメリンク


Copyright © 2015 もう逃さない【情報の詰まった書類はばれずにポイ】